岐阜県

施設名

周産期母子医療センター等推進事業

概要

「周産期」とは、妊娠後期(妊娠満22週)から早期新生児期(生後満7日未満)までの期間をいいます。
この時期は、妊娠合併症や分娩時の新生児仮死など、母体、胎児及び新生児の生命に関わる事態が発生する可能性があります。
この時期の母体、胎児及び新生児に対し、産科・小児科双方からの一貫した総合的な医療を提供することにより、母子の健康を守るのが周産期医療です。
岐阜県では、県内の妊産婦および新生児の救急搬送依頼に24時間体制で対応できるネットワーク体制を構築しました
宝くじは周産期母子医療センターにも役立っています。

これまでにご紹介した事業・施設

岐阜県

現代陶芸美術館

岐阜県

少子・高齢化対策事業

岐阜県

情報科学芸術大学院大学

岐阜県

岐阜県美術館

岐阜県

岐阜県図書館