徳島県

施設名

自然エネルギー由来水素ステーション整備事業

概要

徳島県では、地球温暖化対策の一環として「徳島県水素グリッド構想」を策定し、水素社会実現に向けて取り組んでいます。
県の公用車として水素エネルギーで走る燃料電池自動車(FCV)や、県庁敷地内に太陽光発電により水素を生成する「自然エネルギー由来水素ステーション」を導入し、県自らが率先して水素エネルギーの普及に努めています。
宝くじは次世代エネルギーの普及促進活動にも役立っています。

これまでにご紹介した事業・施設

徳島県

特別支援学校施設整備事業

徳島県

運転免許センター整備事業

徳島県

中央テクノスクール整備事業

徳島県

津波避難場所

徳島県

徳島県立みなと高等学園

徳島県

「徳島インディゴソックス」
県民ふれあい月間事業

徳島県

地震体験車「防災すだちくん」

徳島県

城西高校耐震改修工事

徳島県

徳島県立鳥居龍蔵記念博物館